医科大学の講義と注意深い観察力

講義のテーマは観察力

医科大教授と観察力

ある医科大学の授業で、
教授は「注意深い観察」をテーマに講義していた。

教授はビーカーに入った黄色い液体を学生達に見せた。

「諸君、ここにあるのは尿です。
 良い医師になるには、物の形、色、匂い、
 味などに注意深くなければなりません」

そう言うと、教授はビーカーの尿を色々な角度で見たり、
匂いを嗅いだりした挙げ句、ビーカーの中に指を浸して、
指をそのまま口に入れた。

「フム、糖尿の気がある...」

どよめく学生達を見渡しながら、教授は言った。

「これから、ビーカーを皆さんに回します。
 私と同じように注意深く観察して下さい」

かくしてクラス中の学生は、
しぶしぶビーカーの中に指を浸しそれを舐めていった。

最後の一人が終わって、ビーカーは教授の元に返ってきた。
教授は、講義の最後をこう締めくくった。

「今日は、【注意深い観察】つまり、観察力をテーマに講義しましたが、
 残念ながら皆さんはそれが出来ていませんでした・・・。
 もし、もっと注意深く、私の指を観察していたなら」

教授は、ニヤリと笑った。

「ビーカーに入れた指が人差し指で、
 口に入れたのが中指だった事に気づいた事でしょう」



#ブラックジョーク #アメリカンジョーク #医科大 #観察力


この記事へのコメント