ジャングルの王者ライオン

老人ジョーク


ジャングルの王者ライオン

テレビの取材班が世界の人々の暮らしを取材するため、
ジャングルの奥地にやってきた。
そこで村の古老の話を聞くことにした。

「この辺りはライオンが出るそうですが、恐ろしい目にあった事はありますか?」

「あるとも。あれは50年前のこと。
 わしはいつものようにジャングルに水くみに行った。
 もちろん武器なんぞ持たずにじゃ。
 背後に気配を感じて振り返ると、そこにライオンがいた!
 わしはとっさに水桶を投げつけて逃げた。
 しかしすぐ後をライオンが走ってくる!
 それでも必死で逃げた。
 走れるだけ走った。
 でも運悪く木の根っこに足をひっかけて転んでしまった。
 見上げるとライオンが大声で吼えながら飛びかかってくる!


 ガオオオオオオオオオオオオ~!

 ああ……。正直に告白しよう。
 恥ずかしいことに、わしはウンコをもらしてしまったのじゃ…」

「恥ずかしくなんかありませんよ!
 そんな恐ろしいライオンが飛びかかってきたら、誰だってもらしますよ!!」


「いや。そうじゃなくて・・・。
 今、ガオオオオオと唸ってリキんだ時ににもらしてしまったのじゃ」


FC2 Blog Rankingでジョークを探してみる


この記事へのコメント